メニュー

交通事故弁護士

過失割合10対0の事例と、保険が使えない時の対応

ALGが交通事故に強い理由
交通事故の損害額を計算する

過失割合10対0の交通事故に遭ったら、弁護士に示談交渉を依頼しよう!

被害者の過失が0の場合は自分の保険が使えない?

自動車保険の特約の一つに、示談交渉代行サービスがあります。これは、交通事故の示談交渉を契約者に代わって加入している任意保険会社の担当者が代行してくれるというサービスです。当事者間で交渉をしようとするとなかなか進まなかったり、感情的になってしまうこともありますが、示談交渉代行サービスを利用することで、当事者双方の任意保険会社の担当者同士が窓口となってくれます。「保険会社の担当者」という代理人を介することで、トラブルを防いだり、スムーズに解決に導くことができます。ただし、この特約を利用するには、契約者に過失があって、自身の契約している保険会社に損害賠償金(保険金)の負担が発生する場合に限られます。 そのため、保険会社は、自社に保険金の負担が発生しない10対0の被害事故では、示談交渉を代行することはできません。したがって、過失「0」の場合は、被害者の方ご自身で相手方保険会社と交渉しなければなりません。

「弁護士費用特約」で弁護士依頼を無料でできる!

「過失ゼロの場合は、弁護士に相談・依頼をしてください!」 このページを介して最もお伝えしたいことです。交通事故の被害に遭い、過失割合10対0の場合は、躊躇なく弁護士に相談・依頼をしましょう。 そうはいっても、多くの方がネックに感じてしまうのが、弁護士に支払う費用だと思います。弁護士への依頼は、敷居が高く、困り果てたときの最後の砦のような感覚をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 その弁護士費用面の不安を払拭してくれるのが、被害者の方が加入されている任意保険の「弁護士費用特約」です。弁護士費用特約は、ほとんどの任意保険会社が上限300万円まで弁護士費用を補償してくれるため、大半の被害者の方は実質負担がゼロで済みます。弁護士費用特約を使用したとしても、保険料が上がる心配はありません。ぜひ、加入保険の約款をご確認ください。 では、この特約を使って弁護士に依頼すべき理由を以降詳しく解説していきます。

訴訟にて過失割合を9対1から、こちらの希望する10対0にすることができた事例

ここで、弊所に実際にご依頼くださった案件の中で、相手方:依頼者の過失割合を9対1と主張され、最終的に訴訟にて過失割合を依頼者の過失は0と認められた事例を紹介します。 その事例は、交差点で自動車同士が出会い頭に衝突した事故でした。詳しい状況としては、依頼者が優先道路を走行中で、相手方が側道から優先道路に侵入してきたという内容です。幸い大事には至らず、依頼者はいわゆるむち打ちにあたる頸椎捻挫等の受傷をしましたが、後遺障害はありませんでした。そこで、主な争点となったのが過失割合です。 相手方保険会社は、相手方の主張に基づき9対1の過失割合を主張してきました。弊所担当弁護士が交渉するも、折り合いがつかなかったため訴訟を提起しました。 訴訟の際、過失割合を決めるにあたり、具体的な事故状況が争いになり、目撃者の直接の供述を聞く必要があったため、調査嘱託の申立てを行いました。その結果、検察庁や警察署から事故の目撃者の連絡先を得ることができ、証人尋問に協力していただきました。 証人尋問において、目撃者から「相手方自動車が一旦停止をしたところは見ていない」という証言を得られたこと、事故現場の周囲の状況を鑑みて、裁判所は本件の事故発生には依頼者に過失はないと判断しました。その結果、依頼者の希望である過失割合が10対0の結果を得ることができました。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付

過失割合が10対0の事故とは?

交通事故の示談交渉では、争点になりやすいポイントやタイミングがあります。その代表的なひとつが「過失割合」です。 過失割合が10対0の場合、交通事故が起きた原因・責任はすべて加害者にあることを意味します。10対0という過失割合は、もらい事故といわれる追突事故等といった、被害者にはまったく落ち度がなく、加害者の明らかな不注意・過失による事故において認められます。 しかし、10対0という過失割合は、相手方に認容してもらうことも、認容後具体的な交渉をしていくことも、素人であると非常に難しいです。その所以等もあわせて後ほど詳細を説明していきますが、結論として、過失ゼロの場合は弁護士に相談・依頼をしたほうが賢明といえるでしょう。

基本過失割合が10対0になるケース

では、過失割合が10対0になる交通事故には、具体的にどういったケースがあるのでしょうか。 例えば、赤信号で停車していた被害車両に加害車両が追突した場合や、青信号の横断歩道を歩行していた被害者に加害車両が衝突した場合等、加害者の過失が明らかで被害者に過失が認められないケースがあります。 様々な事故態様があるため、以降、自動車同士、自動車とバイク、自動車と自転車、自動車と歩行者、自転車と歩行者といったケースごとに解説していきます。

自動車同士の事故

自動車同士の交通事故で、過失割合が10対0になるケースをみていきましょう。

交通事故の過失割合10対0の場合 Ⓑ10対Ⓐ0のケース 信号機のある交差点で、直進車同士が衝突・接触した場合です。青信号を直進していたⒶに対し、赤信号を直進していたⒷは、信号無視という明らかな過失が認められます。

交通事故の過失割合10対0の場合 Ⓐ10対Ⓑ0 信号機のある交差点で、同一道路を対抗方向から侵入してきた際に衝突・接触した場合です。青矢印で右折したⒷに対し、赤信号で直進してきたⒶには、信号無視という明らかな過失が認められます。

交通事故の過失割合10対0の場合 Ⓑ10対Ⓐ0 対向車同士で、直進していたⒶに対し、センターラインを越えて侵入してきたⒷが衝突・接触した場合です。Ⓑに前方不注意という明らかな過失が認められます。また、このケースでは酒気帯び運転を兼ねていることが多いです。

交通事故の過失割合10対0の場合 Ⓐ10対Ⓑ0 駐停車可能な位置に駐停車していたⒷに対し、直進したⒶが追突した場合です。Ⓐに前方不注意という明らかな過失が認められます。このケースでは、Ⓐが酒気帯び運転や運転操作ミス等を兼ねていることもあります。

交通事故の過失割合10対0の場合 Ⓑ10対Ⓐ0 高速道路上で、やむを得ない理由で路肩に駐停車しているⒶに対し、Ⓑが追突した場合です。Ⓑに前方不注意という明らかな過失が認められます。

自動車とバイクの事故

自動車とバイクの交通事故で、過失割合が10対0になるケースをみていきましょう。

交通事故の過失割合10対0の場合 自動車10対バイク0 信号機のある交差点で直進車同士が衝突・接触した場合です。青信号で直進したバイクに対し、赤信号で直進した自動車は、信号無視という明らかな過失が認められます。

バイク10対自動車0 上述した、逆の状況です。信号無視は、明らかな過失と認められます。

交通事故の過失割合10対0の場合 バイク10対自動車0 信号機のある交差点で、同一道路を対抗方向から侵入し衝突・接触した場合です。青矢印で右折した自動車に対し、赤信号で直進してきたバイクには、信号無視という明らかな過失が認められます。

交通事故の過失割合10対0の場合 自動車10対バイク0 上述した、逆の状況です。信号無視は、明らかな過失と認められます。

交通事故の過失割合10対0の場合 自動車10対バイク0 対向車同士で、直進していたバイクに対し、センターラインを越えて侵入してきた自動車が衝突・接触した場合です。自動車に前方不注意という明らかな過失が認められます。

交通事故の過失割合10対0の場合 バイク10対自動車0 上述した、逆の状況です。前方不注意は、明らかな過失と認められます。

交通事故の過失割合10対0の場合 バイク10対自動車0 駐停車可能な位置に駐停車していた自動車に対し、直進したバイクが追突した場合です。バイクに前方不注意という明らかな過失が認められます。

交通事故の過失割合10対0の場合 自動車10対バイク0 高速道路上で、駐停車していたバイクに対し、自動車が追突した場合です。自動車に前方不注意という明らかな過失が認められます。ただし、駐停車していたバイクが、路肩等への退避不能なこと、後続車への警告が不可能なことが前提となります。

交通事故の過失割合10対0の場合 上述した、逆の状況です。前方不注意は、明らかな過失と認められます。

自動車と自転車の事故

自動車と自転車の交通事故で、過失割合が10対0になるケースをみていきましょう。

交通事故の過失割合10対0の場合 自動車10対自転車0 交差点において、直進していた自転車に対して、自転車を追越して左折しようとした自動車が衝突・接触した場合です。いわゆる巻き込み事故で、自動車に前方不注意という明らかな過失が認められます。

交通事故の過失割合10対0の場合 自動車10対自転車0 対向車同士で、直進していた自転車に対し、センターラインを越えて侵入してきた自動車が衝突した場合です。自動車に明らかな前方不注意という過失が認められます。 この状況が逆転すると、過失割合は「自動車70対自転車30」になります。

自動車と歩行者の事故

自動車と歩行者の交通事故で、過失割合が10対0になるケースをみていきましょう。

交通事故の過失割合10対0の場合 自動車10対歩行者0 対向ないし同方向進行の歩行者に対し、自動車が衝突・接触した場合です。歩行者に予想外のふらつき等が見られなかった場合、自動車に前方不注意という明らかな過失が認められます。

交通事故の過失割合10対0の場合 自動車10対歩行者0 路側帯上や歩行者用道路等、車が通行してはいけない道路上で、歩行中の歩行者に、自動車が衝突・接触した場合です。自動車に標識無視等といった明らかな過失が認められます。

交通事故の過失割合10対0の場合 自動車10対歩行者0 歩車道の区別のない道路で、右側通行をしていた歩行者に対し、自動車が衝突・接触した場合です。自動車に前方不注意という明らかな過失が認められます
また、同じ状況で歩行者が左側通行をしていた場合の過失割合は、「自動車95対歩行者5」となります。

自転車と歩行者の事故

自動車と歩行者の交通事故で、過失割合が「自転車10対歩行者0」になるケースをご紹介します。

交通事故の過失割合10対0の場合 青信号で横断歩道上を歩いていた歩行者に自転車が衝突・接触した場合
(右左折しようと自転車が横断歩道に侵入した場合も同様)

交通事故の過失割合10対0の場合 歩行者が青信号で横断歩道を横断中、途中で赤信号に変わり自転車と衝突・接触した場合

交通事故の過失割合10対0の場合 信号機のない横断歩道を歩いている歩行者に自転車が衝突・接触した場合

交通事故の過失割合10対0の場合 横断歩道内で衝突・接触した場合

交通事故の過失割合10対0の場合 自転車が歩道外・路側帯外から、歩道・路側帯に通過・進入しようとしたときに歩行者に衝突・接触した場合

交通事故の過失割合10対0の場合 歩車道の区別のない道路で、歩行者が右側通行をしているときに自転車と衝突した場合

保険会社の対応

加害者側の保険会社は被害者の過失を主張してくる

上記で紹介した事故態様は、「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準(通称:赤い本)」や「交通事故損害額算定基準(通称:青本)」、「別冊判例タイムズ」等といった、過去の裁判例を集積して基準化されたものを参照しています。交通事故にはひとつとして同じ事案はないため、基準には「修正要素・加算要素・減算要素」等があり、状況を鑑みて過失割合が増減調整されます。 示談交渉時、相手方保険会社は過失割合を提示してきます。しかし、真っ当な過失割合ではなく、あたかも被害者にも過失があったかのような主張をしてくることがほとんどです。「修正要素・加算要素・減算要素」等をつついて、言葉巧みに被害者側の過失を持ち掛けてきます。その背景には、相手方保険会社の負担分を少しでも軽減したいという営利目的があります。相手方保険会社から強気な過失割合を提示されても、揺るがない真実を相手方に主張することが重要です。

過失0の証明は困難な場合も

被害者側にとって揺るがない真実とは、自身に過失がないことです。しかし、過失ゼロであることを証明するのは、決して容易ではありません。 過失がゼロであることを証明するためには、その根拠となる証拠をできるだけ収集する必要があります。根拠の収集方法としては、まず、中立な立場の警察が作成する実況見分調書が挙げられます。また、事故の目撃者が判明している場合は協力を仰いだり、不明な場合は捜索をすることで、第三者の証言が得られる可能性があります。ドライブレコーダーや監視カメラがある場合は、その映像も重要な根拠のひとつです。さらに、事故現場や破損した車両を写真に残しておくことで、ブレーキ痕や破損状況等から事故態様を導き出せる可能性もあります。 過失割合が争いになると、根拠となる証拠の収集が非常に難しく、どのように利用して主張・立証するかは、弁護士であっても非常に頭を悩ませるところです。

過失割合とは

そもそも過失割合とは?

過失割合とは、交通事故が起こった原因について、被害者の行動と加害者の行動が、どの程度交通事故発生に寄与したかを示す責任割合となります。 交通事故は、加害者の一方的な過失で起こる事故から、被害者も注意深く行動すれば避けることができた事故まで様々あります。過失割合に応じて、被害者が加害者に請求できる金額が減額されることになります。

過失割合はいつ、誰が決めている?

示談交渉の場合は、過失割合は最終的には当事者の合意で決めます。 ただし、多くの場合、交通事故から間もなくして、保険会社の担当者が「今回の事故は〇対〇です」と「過失割合」を決めて提案がされるのが通常です。これは、保険会社の担当者が適当に決めているのではなく、判例タイムズ社の『民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準』という書籍を参考に決められています。 ただ、保険会社担当者は「基本過失割合」という、大まかな事故状況をもとにした基本的な過失割合を言っていることが多く、様々な修正要素を加味していないことがよくあります。 保険会社が決めた過失割合は、示談合意をしない限り修正できますので、保険会社の言いなりどおりに示談する必要はありません。

過失割合10対0の交通事故に遭ったら弁護士に依頼しよう

ここでは、「過失割合10対0の交通事故」にスポットを当てて、下記の特徴を解説してきました。

<過失割合10対0の交通事故の特徴>

  • 被害者は、損害賠償金を過失相殺なく全額受け取ることができる。
  • 「過失ゼロ」と証明することは非常に困難である。
  • 過失ゼロの場合、自身の保険会社の示談交渉代行サービスを利用できない。

交通事故での怪我が重傷・死亡事故等の場合は、自ずと損害賠償金額も高騰する傾向にあります。過失ゼロの場合は、そういった高額交渉に対しても示談交渉代行サービスを利用することができず、自身で対応しなければなりません。相手方の提示してくる損害賠償金額の妥当性・適正性を判断することは、素人からすると非常に難しいです。 そこで、交通事故に精通した弁護士に相談・依頼することで、不安は一蹴されるでしょう。先にご紹介した弁護士費用特約を使って、実質、弁護士費用の負担なく適正な損害賠償金を獲得することで、納得ができる示談成立・解決を目指しましょう。

交通事故事件の経験豊富な弁護士が全面サポート

増額しなければ、成功報酬は頂きません!※諸経費20,000円(消費税別)がかかります。

弁護士費用特約を使う場合 本人原則負担なし※保険会社の条件によっては本人負担が生じることがあります。

  • 着手金
    0
  • 相談料
    0
  • 成果
    報酬制
  • 弁護士費用
    後払い

※死亡・後遺障害認定済みまたは認定が見込まれる場合

※事案によっては対応できないこともあります。

※弁護士費用特約を利用する場合、別途の料金体系となります。

弁護士法人ALG&Associates

通話無料・24時間年中無休受付中!

0120-790-073 今すぐ電話で相談受付

メール相談受付はこちら

メール相談受付